栄養士の職種・職場

美容業界で働く栄養士・管理栄養士のお仕事とは?

美容業界 管理栄養士 栄養士 

栄養士や管理栄養士の就職先に選べるのは、料理に関係する職場ばかりではありません。
実際には色々な業界に栄養士や管理栄養士の活躍の場があります。

たとえば、「美容業界」で働く栄養士や管理栄養士が居ることはご存知ですか?

栄養士・管理栄養士は、食や栄養を通じて人々の健康維持と向上を支えます。
そんな栄養士・管理栄養士だからこそ、身につけたスキルを美容業界でも活用できるのです。
今回は美容業界で働く栄養士や管理栄養士の仕事内容や待遇、やりがいなどを紹介します。

美容業界で働く栄養士・管理栄養士の役割

美容業界で働く栄養士・管理栄養士のミッションは、お客さまの美と健康を、栄養や食を通して叶えることです。
美容の維持と向上には、食事をはじめとした体の内側からのアプローチも非常に重要。
意外かもしれませんが、お客さまに美を提供する美容業界にとって、体の中からキレイを作るノウハウをもった栄養士や管理栄養士は採用ニーズがあるのです。

美への関心の高さや美意識も必要となる点が特徴ですので、人体や栄養学に関する知識とともに、美容に関する知識や実践力も必要となるでしょう。
体の内側からキレイを作るサポートをすることが、美容業界における栄養士・管理栄養士の役割といえます。

栄養士・管理栄養士のスキルが活きる代表的な就職先には、「美容サロン(フェイシャルエステやボディケア、ダイエット専門の美容サロン)」や「食品メーカー/化粧品メーカー」などが挙げられます。

どんな人達と一緒に働くの?

ひとくちに美容業界と言っても、その内情はさまざま。
栄養士・管理栄養士が一緒に働くこととなる職種は、勤める職場によって大きく変わります。

美容サロン

フェイシャルエステやボディケア、ダイエットをサポートする美容サロンで働く場合は、エステティシャンやセラピスト・美容部員など、サロンスタッフと協働する必要があります。
店長をはじめ、店舗運営を支える人たちとともにお店を運営することも必要になるでしょう。

食品メーカー/化粧品メーカー

食品メーカーや化粧品メーカーで商品企画職、研究開発職として働くならば、商品部や企画部、営業部、マーケティング部、化粧品メーカーであれば美容部員など、さまざまな部門や部署の人と関わる機会があるでしょう。
幅広い職域の人たちと、ひとつの商品を一緒に作り上げていく連携力が肝要です。

美容業界における栄養士の主な仕事内容

美容業界で働く栄養士や管理栄養士には、体の外側だけでなく、内側からも美しくなりたいと願うお客さまの美と健康づくりを叶える使命があるといえます。
その中で具体的にどのようなアプローチをしていくことになるのか、職場ごとに見て見ましょう。

美容サロン

サロンで働く場合、栄養士や管理栄養士はインストラクターやカウンセラー、アドバイザー、セラピストといった肩書きで、お客さまの食生活や食習慣を改善するアドバイスをしたり栄養指導を行ったり、健康美容食品の販売を行ったりします。

たとえばダイエットを目的にサロンを利用するお客さまに対しては、栄養学の観点から健康的な身体づくりのアドバイスができるため、質の高いサービスを提供できるでしょう。店舗によってはお客さまの体質や肌の状態に適したレシピを提案したり、サロン主催のセミナーやイベントに登壇したりすることもあるようです。
エステティシャンやセラピストの資格を追加で取得して活躍することも、美容部員として勤務することも可能です。

食品メーカー/化粧品メーカー

食品メーカーや化粧品メーカーに就職した場合は、健康食品や健康美容食品、サプリといった商品のマーケティングリサーチや栄養設計、成分表の計算などが主な仕事になります。
栄養士・管理栄養士ならではの視点や知識、スキルの活用が求められます。

美容に役立つ魅力的な商品を世に出してみたい人は、商品企画や研究開発に携わる道もあります。

美容業界にはどんなやりがいがある?

美容業界で管理栄養士として働くことのやりがいは、お客さまの「美しくなりたい」という願いを叶えられることにあるでしょう。

たとえばダイエットサロンで勤務する場合、お客さまからの「やせました!」という一言はアドバイザーにとって大きな喜びになるはずです。
「体の中から美しくなるために食習慣を見直したい」というお客さまにカウンセリングを行ったあと、お客さまが実際にどんどん美しく・健康的になる姿を見て、やりがいを感じる人もいるでしょう。

企画職や研究開発職に就く場合でも、自分の知識や技能が誰かのキレイと健康につながることに喜びを覚える人なら、美容業界での仕事に向いていると言えます。

美容業界で働く栄養士・管理栄養士の待遇

それでは、美容業界で働く栄養士や管理栄養士の待遇について、職場ごとに見てみましょう。

美容サロン

美容サロンでインストラクターやカウンセラー、アドバイザー、エステティシャン、セラピストなどの職種としてサロンに正社員採用された場合、年収の目安は300万円~500万円前後
月給に換算すると、概算で20万円~40万円前後です。

また賞与の制度を設けている求人もあり、賞与に関してはインセンティブ制度も採用している企業もあります。

労働条件

勤務形式としては、シフト制のところが一般的です。
基本的に店舗の営業時間や営業日数に即して年間休日日数も決められますが、110日前後のところが多いようです。夏季休暇や年末年始休暇を取得できる求人もあります。

出展イベントや社内行事などが行われる店舗、営業日によっては土日出勤が必要な店舗もあります。

食品メーカー/化粧品メーカー

健康美容食品やサプリメントなど、自社商品の企画職や研究開発職に正社員として採用された場合、目安となる年収は300万円~500万円前後です。
月給でいえば、20万円~40万円前後(概算)が相場といえるでしょう。

昇給・賞与を設けている求人もありますが、金額は企業によってさまざま。
ご自分が望む就職先の賞与は事前にしっかり調べておきましょう。

労働条件

商品企画職や研究開発職合は、店舗勤務と違って内勤が一般的です。
そのため、会社によりますが休日日数は120日前後とサロン勤務よりも多い傾向があり、土日祝休みの企業も見られます。

待遇面に関しては、社会保険完備や交通費支給、駅チカ、研修制度あり、転勤なしといった求人が見受けられました。
また、業界的に女性社員の比率が高い企業が多いため、産休・育休制度が取りやすかったり、女性の管理職の比率も他の業界と比べると高かったりと、女性が活躍できる環境が整っている企業も少なくありません。

美容業界で働くために必要なスキルとは?

美容業界で働く栄養士・管理栄養士には、美容に関する知識も必要です。
食材に含まれる栄養がどのような美容効果を生み、どんな影響を与えるのかなど、美容面に特化した栄養学のテキストなどがあれば、積極的に学んでみるのがオススメ。

とはいえ就職を希望するサロンによって、身につけるべき内容は変わってきます。
フェイシャルエステサロンに就職する場合を例にすると、フェイシャルケアや肌質、スキンケアの基礎知識などを覚える必要があるでしょう。
そのため、美容業界で働きたい栄養士・管理栄養士は、自分が希望する就職先に応じた美容の知識を学んでおくことが重要です。

勉強の一環として、資格取得にチャレンジする手もあります。
例のようにフェイシャルエステサロンへの就職を希望するならば、そのサロンが推薦しているフェイシャルケアに関する資格を取ってみるのもよいでしょう。
就職を希望するサロンが独自に資格を設けていたり、推薦している資格があったりした場合は、その資格を取得するのもアリです。

またサロン勤務を希望する場合は、接客のスキルも必須となってきます。
お客さまの要望を汲み取り、満足度の高いサービスを提供するコミュニケーションスキルは不可欠となるでしょう。

編集者より

美しさを作るには、スキンケアやトレーニングなどの外的アプローチも大切ですが、栄養バランスが整った食事を規則正しく摂取すること、自分の体質に合った食事を取ることなど、内的アプローチも同じぐらい大切です。

栄養士や管理栄養士として身につけた栄養学や食の知識は、美容業界でも重宝されます。

「体の内側もケアすることで自分らしい美しさを手に入れたい」と願う人を応援したい栄養士・管理栄養士は、培ったスキルを美容業界での仕事に活かしてみてはいかがでしょうか?

参考文献・サイト

栄養士の就職・転職なら「栄養士のお仕事」におまかせ!

栄養士/管理栄養士の転職をサポートする『栄養士のお仕事』にはさまざまな求人情報を掲載しています。
あなたにピッタリの求人や好条件の非公開求人などもあるので、気になる方は下の画像をクリック!
栄養士のお仕事に登録する!

ABOUT ME
栄養士のお仕事Magazine編集部
栄養士のお仕事Magazine編集部
栄養士のお仕事Magazineでは、栄養士・管理栄養士の方々に向けて情報を発信しております。 寄稿希望・取材依頼・お問い合わせなどございましたら、media@eiyoushi-shigoto.comまでどうぞ。