お役立ち情報

「栄養士を辞めたい」あなたがとるべき、ベストな行動とは?

仕事をしていると、いやなことやモヤモヤすることが多々ありますよね。
「もう仕事辞めたいな……」と思って転職サイトで求人を探してみている方もいるのではないでしょうか。

今回は、栄養士を辞めたいと思ったときに、どのような選択肢があるのかを紹介します。

栄養士の主な退職理由

まずは「実際に転職したことがある」もしくは「転職を考えている」栄養士が、何を理由に転職を意識し始めたのか? をみてみましょう。

人間関係

退職の主な理由は上司との人間関係がうまくいかず毎日罵声を浴びる日々、過度な労働時間により体力、精神的に疲労し、現在出勤前に嗚咽することもあり、ほぼ鬱状態になっています。
参考:Yahoo!知恵袋「今年に新卒で栄養士になったのですが退職を考えています。」

長時間勤務、業務量

私がこの仕事を辞めたい一番の理由は、労働時間があまりにも長すぎて肉体的にきついからです。
(毎日12時間以上の労働で入社してから休憩時間が全くない、毎日深夜まで仕事をしている、早番が朝4時からで朝が早い、人出が足りないため休みの日にも出勤しなければいけない)
参考:Yahoo!知恵袋「今23歳で病院で委託栄養士をしています。」

業務内容

直営の栄養士の方がメインに献立作成・患者の栄養状態等管理されているので、委託の栄養士はほとんど栄養士としての仕事がなく、パートさんたちと同じ扱いです。納得のいく仕事もさせてもらえず、転職を考えるようになりました。
Yahoo!知恵袋「栄養士をしていますが、転職をしようか悩んでいます。」

このように、仕事を辞めたい理由としては「人間関係」「労働時間や待遇に不満があった」「思っていた業務内容と違った」などが挙げられます。
せっかく専門職の資格をとったのに、栄養士という仕事に嫌気がさしてしまうのは悲しいですよね。

どうする? 「辞めたい」ときの選択肢

仕事を辞めたいとき、栄養士にはどのような選択肢があるのでしょうか。
今回は3つの選択肢を紹介します。

今の職場を「下積み」だと思って続ける

まずひとつは、「今の職場を下積みだと思って続ける」ことです。
特に新卒で入社して1年未満だったり、転職して日が浅かったりする方については、この選択肢を念頭におく方がよいでしょう。

昨今の中途採用はポテンシャルよりも経験値が評価されやすいのが現状です。転職時の採用面接では「今までの職場でどのようなスキルをつけてきたのか」が重視されます。
きちんとスキル・経験値がある状態であれば、いざ転職をしようと行動した際に、自分がより納得できる進路をつかむチャンスを得やすくなります。
そのため、何か自分でも「この現場にいたからこそできるようになった」と感じられるスキルや経験などを身に着ける下積み・修行だと思って続ける努力が必要でしょう。

ただし、心や体が壊れてしまうような状況の場合はその限りでない……という点は留意してくださいね。

栄養士とは別の職種になる

他にも、「栄養士以外の職種を選んでみる」という選択肢もあります。
転職をしたい一番の理由が何かにもよりますが、「やりたい仕事内容ではなかった」という理由が強い場合はこの選択をすることもよいかもしれません。

仕事内容がガラリと変わって大変な思いをすることもあるかもしれませんが、それも含めて「新しいことにチャレンジしている」とワクワク感を得られるでしょう。
また、栄養士業務の中では得ることが難しいスキルを身に着けるチャンスでもあります。相乗効果でさらなるキャリアアップを目指せるかもしれません。

例えば、ITの知識を得られるような職種を選択すれば、ゆくゆくは栄養士の専門知識とITの知識を生かした仕事を始められます。
将来は起業をしたい、フリーランスで働きたい、と考えている方は、思い切ってこのような選択をするのもよいでしょう。

転職して栄養士を続ける

あとは、「栄養士として転職をする」という選択があります。
同じ職種で転職しても二の舞になるだけだろう……と感じる方もいるかもしれませんが、辞めたい一番の理由が「人間関係」であり「仕事内容・栄養士業務自体は好き」という感情がある場合は、この選択がおすすめです。

栄養士として培ってきたスキルを活かしたい、さらに専門知識・スキルを向上してスペシャリストとしてレベルアップしたい方……という方には、この選択が良いでしょう。
ただし、栄養士が活躍するフィールドは年々幅広くなっています。一言で「栄養士採用」といっても業務内容や業種は様々です。
「自分が何をしたいのか」「将来どのような栄養士になりたいのか」をよく考えて、求人を探すようにしましょう。

転職する前には「がん病態栄養専門管理栄養士」や「食品保健指導士」など、業務に役立つ資格を取得してスキルアップしておくのもひとつの手です。
活躍できる場所を新しく探すうえで、選択肢が広がります。

栄養士にオススメの資格一覧はこちら!

どうやって素敵な求人を見つける?

では「いざ転職をしよう!」と決意したとき、どのように求人を見つければよいのでしょうか?
求人探しにはハローワークや求人募集の冊子、知人の紹介などさまざまなルートがありますが、最近は転職支援サイトが主流となっています。

転職支援サイトの良い点としては、キャリアアドバイザーに相談できたり、より自分にあった求人をお勧めしてもらえたりするところです。
応募している企業の情報を提供してくれたり、面接に関するアドバイスをくれたりなど、親身に対応してくれます。転職が初めてで不安……という方は利用してみるとよいでしょう。

ほとんどの転職支援サイトは無料で登録・相談できるので、複数の転職支援サイトを活用することをおすすめします。
栄養士専門の転職支援サイトなどもあるので、色々探してみましょう。

編集者より

どんな仕事をしていても、いやなことや辞めたいと思う瞬間は少なからずあるものです。
せっかく栄養士という資格を持っているのであれば、それを活かしつつ、自分がのびのび活躍できる環境を考えてみる……というのもよいのではないでしょうか。
周りの人に惑わされずに、自分が納得できる道を選んでくださいね。

栄養士の就職・転職なら「栄養士のお仕事」におまかせ!

栄養士/管理栄養士の転職をサポートする『栄養士のお仕事』にはさまざまな求人情報を掲載しています。
あなたにピッタリの求人や好条件の非公開求人などもあるので、気になる方は下の画像をクリック!
栄養士のお仕事に登録する!